兵庫県まちづくり技術センター

景観形成支援事業 30周年シンポジウム

兵庫県
「景観の形成等に関する条例」
による取組

(兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課景観形成室)

1 はじめに

 兵庫県では、昭和60年に都市部を対象とした「都市景観の形成等に関する条例」を制定しました。
 平成5年にはこれを「景観の形成等に関する条例」(以下「景観条例」という。)と改称して対象を県全域に拡大し、その後も新たな課題に対応して制度創設等の改正を重ねながら、恵まれた自然や歴史・文化と調和した美しく魅力ある景観を守り、育み、そして将来に伝えるための取組を推進しています。
 また、平成2年に景観基金を創設し、建築物等の修景に対する助成や住民等の活動に対する専門家派遣等の景観形成支援事業を実施するなど、景観形成の取組がより促進される環境整備にも努めています。
 本県の景観行政は、緩やかなルールにより景観誘導を図るとともに、県民、事業者等の主体的・自発的な取組によって景観形成を推進することを基本とし、景観法施行後も、独自条例による取組を継続しています。

2 景観条例の体系

 景観条例は、「優れた景観の創造・保全と建築物等と地域の景観との調和を通して魅力あるまちづくりと文化的な県民生活の確保を図る」ことを目的としています。
 建築物等の届出制度(「景観形成地区」「大規模建築物等の景観誘導」)や景観形成に重要な建造物等の指定(「景観形成重要建造物等」)、住民協定など景観法と同趣旨の制度を有するほか、美しい星空景観の保全を図る「星空景観形成地域」の指定や周辺景観に及ぼす影響が大きな特定用途の建築物等の景観誘導を図る「景観影響評価制度」等の制度を独自に設けています。
 また、社会経済情勢の変化に伴う新たな課題等に対応するため、平成25年には景観条例を改正して、複数の行政区域に広がる広域的な景観形成を市町と連携して進めるための「広域景観形成地域」制度や、周辺の良好な景観に悪影響を与えている建築物等への対応を図るための仕組み、景観形成重要建造物の保存・活用を支援する「認定景観形成重要建造物」制度を創設し、土地利用を踏まえた大規模建築物等の景観誘導を行うための届出対象規模・景観基準の細分化を行いました

景観条例の体系

3 施策の内容と取組状況

(1) 景観形成地区等の指定
 優れた景観の創造・保全を図る必要がある地区等を指定し、目指すべき景観に応じた景観形成基準を定めます。
 建築物等の新築等を行う場合に届出を求め、基準への適合を指導・助言することで、地域の優れた景観形成を推進します。
 昭和60年の制度創設以来34地区・地域を指定しています。
 このうち一つの市町の区域内に存する景観形成地区については、市町が景観行政団体となるなど、独自で景観形成施策に取り組むこととなった際に、指定を市町条例に引き継いできており、現在、県景観条例に基づく指定地区は21地区・地域となっています。

①景観形成地区

 次のような、優れた景観を創造又は保全する必要がある区域を指定します。
 地域の特徴に応じた4つの区分により、建築物や工作物の新築等、広告物の表示、屋外自動販売機の設置等を行う場合に届出を求めます。

佐用町平福地区(歴史的) 佐用町平福地区(歴史的) 加東市ヤシロメモリアルガーデン周辺地区(住宅街等) 加東市ヤシロメモリアルガーデン周辺地区(住宅街等) 高砂市高砂地区(まちなか) 高砂市高砂地区(まちなか)

ア) 歴史的景観形成地区
伝統的な建造物又は集落が周辺の環境と一体をなしている区域を指定

イ) 住宅街等景観形成地区
良好な環境を有する住宅街等の区域又は新都市の建設、都市の再開発等により新たに住宅街等が整備される区域を指定

ウ) まちなか景観形成地区
駅前、官公庁施設の周辺等で、その地域の中心としての役割を果たしている市街地の区域を指定

エ) 沿道景観形成地区
国道、県道等の沿道の区域を指定

② 広域景観形成地域

 主要幹線道路沿道や河川流域、沿岸などで広がりのある優れた景観を有する地域を指定します。
 指定に先立ち、県と指定地域内の市町(景観行政団体を含む)で構成する「広域景観形成協議会」を設置し、広域景観の価値や景観形成の目的等を共有した上で、指定範囲や地域内に適用する景観基準を協議調整します。
 県及び地域内の景観行政団体市町は、協議結果を踏まえて景観基準を定め、各主体において大規模建築物等の新築等や広告物等の表示等を行う場合に届出等を求めます。

円山川下流地域(風景型) 円山川下流地域(風景型)

ア) 風景型広域景観形成地域
良好な自然の風景、田園風景、歴史的又は文化的な風景を有する地域を指定

国道312号地域(沿道型) 国道312号地域(沿道型)

イ) 沿道型広域景観形成地域
国道、県道等の沿道地域を指定

(2) 星空景観の保全
 日本最大の公開望遠鏡を有する西はりま天文台が位置する佐用郡の区域を指定し、照明器具の設置位置や照射方向等の基準を定め、多数の照明器具を使用する施設の新設等を行う場合に届出を求めます。

西はりま天文台 西はりま天文台

(3) 大規模建築物等の景観誘導

 県下全域(景観行政団体及び独自の景観条例を定めている市の区域を除く)を対象に、高さ又は建築面積が一定規模を超える建築物等(大規模建築物等)について、景観基準を定め、新築等を行う場合に届出を求めます。
 また、特に規模の大きなものについては、届出の前に景観シミュレーション等による事前協議を行い、景観誘導を行います。
 なお、より土地利用に則した景観誘導を図るため、自然豊かな地域等では大規模建築物等の対象規模を引き下げるとともに、用途地域や緑条例の区域区分に応じた景観ゾーンを設けて、これまで県下一律であった景観基準の細分化を行っています。

(4) 景観形成重要建造物等の指定

 地域の景観の形成に重要な役割を果たしている建造物又は樹木(樹木の集団)について、所有者の同意を得て「景観形成重要建造物」または「景観形成重要樹木」に指定します。
 指定によって広く周知するとともに、所有者等に適切な維持管理に努めていただくことで、地域の人々に親しまれている貴重な景観資源の保全を図ります。
 また、景観形成重要建造物の保存活用を支援するため、活用にあたり建築基準法への適合が困難な場合に、建築基準法の適用除外を可能とする「認定景観形成重要建造物」制度も。
 所有者が作成する保存活用計画を認定し、現状変更を許可制とすることで「現状変更の規制及び保存のための措置」を講じています。

西山酒造場(丹波市) 西山酒造場(丹波市)
多木浜洋館(加古川市) 多木浜洋館(加古川市)
西脇小学校(西脇市) 西脇小学校(西脇市)
< 認定景観形成重要建造物 >

(5)特定建築物等の景観誘導

 周辺景観に及ぼす影響が大きく、地域の景観との調和が特に求められる一定規模以上のホテル・旅館、ぱちんこ店等の「特定建築物等」について、計画段階で景観シミュレーション等を含む計画案の縦覧を行い、住民説明会を開催することにより、地域住民の意見を反映する景観影響評価手続を求めています。
 また、意匠、色彩等に関する「特定建築物等景観基準」を定めて届出を求め、良好な景観の形成を誘導しています。

(6) 景観支障建築物等への対応

 広域幹線道路沿道において、閉鎖・老朽化して放置されたぱちんこ店やドライブイン等が、周辺の良好な景観に悪影響を及ぼしている状況が散見されることから、これらへの対応を図るための仕組みを創設しています。
 建築物、工作物、広告物等の所有者等に、その外観が周辺の良好な景観に対して支障とならないよう適切な管理を努力義務を求めています。
 このうち特に、景観形成地区及び広域景観形成地域(主要幹線道路の沿道等)においては、所有者等に建築物の外観に係る部分が「管理不全状態」とならないように適切に管理するよう義務を課した上で、「管理不全状態」にあると認めるときは指導・助言、勧告できる仕組みとしています。
 また、特に著しい破損、腐食が生じた「景観支障状態」にあり、勧告に従わないときは命令できることとし、段階的な措置によって景観支障状態等の改善を図っています。

(7) 空地利用等に関する対策

 土石採取跡地、資材置場等の空地の利用又は管理について、景観上配慮すべき事項に関する景観基準(空地利用等景観基準)を定めています。
 空地の利用又は管理の状態が空地利用等景観基準に著しく適合しないときは、所有者等に対して、指導・助言、勧告を行い、周辺景観に悪影響を及ぼす空地の改善を図ります。

(8) 住民の参画と協働による景観の形成等

① 景観形成等住民協定、景観形成等協議会
 一定の地区において景観形成に必要なルール等を定めた住民協定を認定し、協定に基づく活動に対して技術的支援等を行います。
 また、景観形成等住民協定を締結した地区住民は、景観の形成等に関する活動を進めるため、協議会を設置することができます。
② 景観形成等推進員
 景観に関する知識又は技術を有する方を申請に応じて登録し、県、市町等の景観施策への協力、住民による景観の形成等に関する活動支援を行っていただいています。
③ 事業者との協定
 地域の景観に及ぼす影響が大きい事業活動を行う事業者と景観の形成等に関する協定を締結することで地域景観の保全を図ります。

4 さらなる兵庫の景観形成に
向けて

 最後に、引き続き先導的に景観形成に取り組むとともに、県と市町が連携しながら、地域の個性を活かした景観形成を進めます。
 さらに、地域の景観まちづくりを持続的・効果的に展開していくため、観光や地域振興施策とも連携して施策や景観まちづくりに関する情報発信等を進めていきたいと考えています。
 今後も、美しく魅力ある兵庫の景観形成の取組を進め、参画と協働により、生活に元気やうるおい、やすらぎをもたらし、誇りと愛着を感じる景観形成に向けて取り組んでいきます。

関連リンク

Links

兵庫県まちづくり技術センター
兵庫県景観形成