現在のページ:HOME > 研修会案内

研修会のご案内

県技術職員対象の研修

県新規採用職員研修(前期)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年5月11日(火)~5月20日(木)(10日間)
      対象者:
      県職員 28名

新規採用された総合土木職員を対象に、土木基礎知識、検査、現場研修、施工監理、設計書作成演習、積算システム操作演習、現地測量実務演習により基礎知識を習得します。

県新規採用職員研修(後期)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年7月7日(水)~7月9日(金)(3日間)
      対象者:
      県職員 約20名

新採研修(前期)終了後、工事監理のポイント、事業の概要(道路、河川他)、工事成績評定、設計変更のポイント、施設管理システム操作演習、水防活動及び災害復旧事業の概要を研修することにより、実務能力を養います。

フォローアップ研修(前期)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年6月24日(木)~6月25日(金)(2日間)
      対象者:
      県職員 約20名

採用2・3年目の総合土木職員を対象に、土圧、斜面安定 ・業者(工事)指導のポイント、成績評定の実務(考査項目別運用表)、工事品質管理と監督検査等の研修を行い、技術力の向上を図る。

フォローアップ研修(後期)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年10月14日(木)~10月15日(金)(2日間)
      対象者:
      県職員 約15名

採用3・4年目の総合土木職員を対象に、公共事業を取り巻く環境、成績評定(施工プロセスチェック)、総合交付金の制度、建設業法、課題解決、土木構造物の不具合及び確認方法等について研修し、技術力の向上を図る。

中級研修(6年目)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年8月26日(木)~8月27日(金)(2日間)
      対象者:
      県職員 約15名

採用6年目の総合土木職員を対象に、品確法・工事監理ポイント、設計書作成のポイント、成績評定の実務、公物管理事務、ダム管理・地元説明会(企画・演習)等について研修し、土木技術の専門知識を習得する。

主任研修

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年6月10日(木)~6月11日(金)(2日間)
      対象者:
      県職員 約20名

主任に昇格した総合土木職員を対象に、都市計画制度、公共事業を取り巻く環境、建設業法・現場研修、積極的広報、入札契約制度、受注者指導、演習(課題解決)等について研修し、職場の中心的役割を担うための知識を習得する。

主査研修

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年11月26日(金)~11月26日(金)(1日間)
      対象者:
      県職員

主査に昇格した総合土木職員を対象に、公共事業を取り巻く環境、主査の役割・求められる能力、設計書作成及び工事書類確認のポイント、会計検査等について研修し、主査として業務を進めるための知識を習得する。

主幹・課長研修

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年4月26日(月)~4月26日(月)(1日間)
      対象者:
      県職員 約20名
      会場:
      WEB研修

監督職に昇格した総合土木職員を対象に、公共事業を取り巻く環境、工事検査、工事中の安全対策、積極的広報、不当要求事例と対処方法、監督職としての心得等について研修し、監督職としての見識と監理能力の向上を図ります。

中級研修(5年目)

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年11月11日(木)~11月12日(金)(2日間)

採用5年目の総合土木職員を対象に、品確法・工事監理ポイント、設計書作成のポイント、成績評定の実務、公物管理事務、ダム管理・地元説明会(企画・演習)等について研修し、土木技術の専門知識を習得する。

市町職員対象の研修

災害復旧実務研修(実務コース)Ⅰ期 

本研修は受付を終了しました

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年7月2日(金)~7月2日(金)(1日間)
      対象者:
      建設事業の経験(3~5年)はあるが、災害復旧実務経験が少ない市町職員 40名
      教科目:
      ・講義 災害査定設計書作成における留意事項
      ・演習 事例をもとにした災害査定演習
      会場:
      兵庫県学校厚生会館 3階大会議室

公共土木施設災害復旧事業について学ぶとともに、河川災の事例を題材として、被災原因の把握、復旧工法の検討等を行い、災害査定までの基礎知識、災害査定に関わる実務能力の向上を図ります。

市町建設事業 担当 職員 新人・初級 研修(Ⅰ) オンデマンド配信(6/30まで配信)

本研修は受付を終了しました

  • 詳細

    • 開催日:
      令和3年6月14日(月)~6月30日(水)(17日間)
      対象者:
      建設分野に配属された令和3年度新規採用職員および現在、建設事業を担当し、その経験年数が概ね3年以内の職員 (事務職も可)
      教科目:
      【配信内容】
      (1)「コンクリート構造物の基礎知識と老朽化対策」(約90分)
      (2)「土木工事の積算基礎と設計書作成のポイント」(約70分)
      (3)「土木工事の監督基礎」           (約60分)
      (4)「測量の基礎知識」              (約90分)

コンクリート構造物・積算の基礎知識・工事の監督基礎ならびに測量の基礎知識のオンデマンド配信による講義を通じて、新規採用職員及び経験の少ない初級職員の建設事業に関わる基礎知識の早期習得を支援します 。

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved