公益財団法人 兵庫県まちづくり技術センター  >  兵庫考古学情報/発掘調査情報

<< 発掘調査情報一覧記事詳細

平成27年2月16日

西垣古墳群(豊岡市)

   一般国道483号北近畿豊岡自動車道 八鹿豊岡南道路に伴って調査を行っています。
遺跡名 西垣古墳群
時 代 古墳時代
遺跡の種類 古墳
所在地 豊岡市日高町山本
調査担当者 調査第2課
連絡先 公益財団法人 兵庫県まちづくり技術センター 埋蔵文化財調査部 (0794-37-5561)
発掘成果  今年度は古墳時代前期(4世紀)の円墳1基を調査しました。調査した古墳(1号墳)は直径が約30mで、昨年度調査した2号墳、3号墳に比べて直径で約2倍、古墳群の中で最大の古墳です。
 埋葬主体部は3か所が見つかりました。
 第1主体は箱型石棺で、蓋石は粘土で厳重に封印されており、石棺内には全く土が流れ込んでいませんでした。石棺内には長さ40pの鉄剣1振のほか、鉄鎌、鉄斧、鑓鉋が副葬されていました。
 第2主体も箱型石棺で、鉄剣、鉄鎌、鑓鉋が副葬されていました。
 第3主体は割竹形ないしは舟形の木棺で、刀子1点、鉄鎌1点のほか、土師器の高杯と小型丸底壷が1点づつ副葬されていました。小型丸底壷の中には、ガラス小玉1点が納められていました。
 調査は終了しました。
 2月15日(日)に地元で発掘調査報告会を開催しました。

   写真1 第1主体          写真2 第2主体作業風景       写真3 埋葬主体部全景      
アクセス  
説明会資料 発掘調査報告会資料はコチラ!