現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 宮の西遺跡他

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

宮の西遺跡他

令和2年3月10日

農業基盤整備事業(経営体育成型)に伴って、発掘調査を行いました。

遺跡名 宮の西遺跡・宮ノ前遺跡・縄手遺跡
時代 弥生時代~奈良時代
遺跡の種類 集落跡
所在地 洲本市五色町大宮
連絡先 埋蔵文化財調査部調査課(079)437-5561
発掘成果 調査箇所は、都志川右岸の段丘上に立地しています。宮の西遺跡では、主に古墳時代~中世、宮ノ前遺跡では古墳時代、縄手遺跡では弥生時代後期の土器が出土しました。いずれも集落に隣接した場所を調査しましたが、稠密な遺構は検出されませんでした。調査は2月21日で終了しました。

宮の西遺跡全景(北西から)

宮ノ前遺跡全景(北から)

調査状況

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved