現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 才村遺跡

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

才村遺跡

平成31年8月2日

一般県道広畑青山線社会資本整備総合交付金事業に伴って、発掘調査を行いました。

遺跡名 才村遺跡
時代 弥生~中世
遺跡の種類 集落跡
所在地 姫路市広畑区才
連絡先 埋蔵文化財調査部調査課(079)437-5561
発掘成果 才村遺跡は夢前川右岸の扇状地に立地しています。調査区南端の弥生時代の川跡から、井堰のような機能をもつと考えられる杭列がみつかりました。調査区北側にあたるA-1①地区では、弥生時代後期の竪穴住居跡、古墳時代の掘立柱建物跡がみつかりました。

弥生時代後期の川跡内杭列

調査区全景

弥生時代後期の竪穴住居

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved