現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 片山遺跡

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

片山遺跡

平成30年12月14日

東播磨南北道路北工区(主要地方道加古川小野線)道路改築事業に伴って、調査を実施しました。

遺跡名 片山遺跡
時代 弥生時代後期・平安時代後期
遺跡の種類 集落跡
所在地 加古川市八幡町宗佐
連絡先 埋蔵文化財調査部調査課(079)437-5561
発掘成果 加古川左岸の段丘上にあるため大きく削られていますが、弥生時代後期の竪穴住居跡(円形、長方形)が見つかりました。円形のものは直径約7.5mで周囲に高床部があり、4本柱、長方形のものは5.3×3.7mで2本柱だとわかりました。2棟は接しており、排水溝の状況から、円形が古く、長方形が新しいものだとわかりました。
説明会資料

調査区全景

竪穴住居跡

円形の竪穴住居跡

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved