現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 中筋遺跡・前田遺跡(姫路市)

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

中筋遺跡・前田遺跡(姫路市)

平成30年3月22日

(主)太子御津線 社会資本整備総合交付金事業に伴って、調査を行っています。

遺跡名 中筋遺跡・前田遺跡
時代 弥生時代~近世
遺跡の種類 集落跡
所在地 姫路市網干区高田
連絡先 埋蔵文化財調査部(079)437-5561
発掘成果 中筋遺跡・前田遺跡は、揖保川の東に広がる平野に位置しており、以前は低湿地の中に微高地が点在する地形であったと考えられています。現在調査中の中筋遺跡からは、古墳時代の溝がみつかりました。中筋遺跡の南側に位置する前田遺跡からは、古墳時代の竪穴住居や、古代~中世の掘立柱建物跡が発見されています。

中筋遺跡全景

竪穴住居の検出

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved