現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 音谷1号墳・3号墳(朝来市)

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

音谷1号墳・3号墳(朝来市)

平成30年3月22日

(急)上寺(3)地区急傾斜地崩壊対策事業に伴って、調査を行っています。

遺跡名 音谷1号墳・3号墳
時代 古墳時代後期
遺跡の種類 古墳
所在地 朝来市立脇
連絡先 埋蔵文化財調査部(079)437-5561
発掘成果 音谷1号墳の南側に隣接して3号墳(仮称)が発見されました。
3号墳は無袖式横穴石室墳で石室残存長7m、幅1mの規模です。石室内には敷石・棺台があり、付近より大刀2本、石突、刀子、鉄鏃、金銅製鞘金具などが出土しました。時期は1号墳と同じ7世紀前半と考えられます。

音谷1号墳と3号墳

3号墳石室全景

3号墳副葬品出土状況

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved