現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 大木谷古墳群

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

大木谷古墳群

平成29年11月29日

一般国道483号日高豊岡南道路(北近畿自動車道路)建設事業に伴って、調査を行っています。

遺跡名 大木谷古墳群
時代 古墳時代
遺跡の種類 古墳
所在地 豊岡市日高町山本
連絡先 埋蔵文化財調査部調査課(079)437-5561
発掘成果 調査の結果、2つの尾根から合計13 基の古墳が見つかりました。
古墳時代前期(4世紀後半)と同後期(6世紀後半)にわたるもので、木棺墓を埋葬施設とするものが多く、横穴式石室を埋葬施設とするものが1基です。この石室は、竪穴系横口式石室とよぶ北部九州に多いタイプです。
その違いがどこに求められるのか、注目されます。

現地説明会を以下の日程で実施する予定です。ぜひお越し下さい。
日時:平成29年12月3日(日)13:30~15:00
場所:豊岡市日高町山本(別紙位置図を参照下さい)
お問い合わせ:現場事務所 0796(42)5822
説明会資料 別紙位置図

上空から見た大木谷古墳群

大木谷1号墳の調査風景

大木谷2号墳の調査風景

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved