現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 大木谷古墳群(豊岡市)

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

大木谷古墳群(豊岡市)

平成28年12月28日

一般国道483号北近畿豊岡自動車道八鹿豊岡南道路に伴って、発掘調査を行っています。

遺跡名 大木谷古墳群
時代 古墳時代
遺跡の種類 古墳
所在地 豊岡市日高町山本
調査担当者 調査課
連絡先 公益財団法人 兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部(0794-37-5561)
発掘成果 大木谷89号墳、90号墳の2基を発掘調査しました。調査の結果、両者とも6世紀後半に築造されたもの考えられます。尾根に直行する区画溝を掘り、盛土することによって円形の古墳がつくられていましたが、盛土の大部分は流出していました。90号墳は墳丘平坦面のほぼ全体に広がる主体部が見つかりました。副葬品は土器が数点でしたが、墓壙の底面には20基程のピットが掘り込まれていたことから、古墳築造前後に何らかの施設があったのかもしれません。

大木谷古墳群全景(東から)

90号墳全景(東から)

ピット完掘状況(西から)

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved