現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 大円道向(おえどむかい)遺跡(淡路市中田)

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

大円道向(おえどむかい)遺跡(淡路市中田)

平成28年9月20日

(二)志筑川水系志筑川 広域河川改修事業に伴って、調査を行っています。

遺跡名 大円道向遺跡
時代 弥生時代・中世
遺跡の種類 集落跡
所在地 淡路市中田
調査担当者 調査課
連絡先 公益財団法人 兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部(0794-37-5561)
発掘成果 調査の結果、弥生時代前期の溝状遺構・土坑・ピット群と中世の掘立柱建物跡1棟が見つかりました。弥生時代の遺構からは、前期の土器がまとまって出土しています。住居跡などは見つかっておりませんが、付近の集落から土器などを廃棄したものと考えられます。

説明会資料 現地説明会資料はコチラ!

調査区遠景(西から)

調査区全景(西から)

SX37土器出土状況(北から)

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved