現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 鍛冶田遺跡(揖保郡太子町)

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

鍛冶田遺跡(揖保郡太子町)

平成28年12月7日

(主)太子御津線 社会資本整備総合交付金事業に伴って、調査を行っています。

遺跡名 鍛冶田遺跡
時代 弥生~中世
遺跡の種類 集落跡
所在地 揖保郡太子町糸井
調査担当者 調査課
連絡先 公益財団法人 兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部(0794-37-5561)
発掘成果 2015、16年の2年度にわたって実施した、鍛冶田遺跡の発掘調査が終了しました。2016年には、これまでにも見つかっていた弥生時代中期~平安時代後期の遺構・遺物に加えて、縄文時代晩期に遡る可能性が高い溝、水田跡などがみつかりました。これまで西播磨で、縄文時代晩期に遡る水田跡が面的に確認された事例はなく、この地域の、水田耕作導入期の状況を知る上で重要な発見となりました。
説明会資料 現地説明会資料はコチラ!

中世~弥生時代遺構面全景(北から)

縄文晩期水田面(東から)

弥生時代河道の土器出土状況

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved