現在のページ:HOME > 業務のご紹介 > 埋蔵文化財調査 > 福井池の下遺跡

埋蔵文化財発掘調査情報

←発掘調査情報一覧へ

福井池の下遺跡

令和3年3月5日

一般国道2号相生有年道路改築事業に伴い、発掘調査を行いました。

遺跡名 福井池の下遺跡
時代 弥生時代中期・古墳時代後期・平安時代後期
遺跡の種類 集落跡
所在地 相生市若狭野町
連絡先 埋蔵文化財調査部(079)437-5561
発掘成果 福井池の下遺跡は、千種川の支流、矢野川の南岸にある遺跡です。1区は、旧河道の中に含まれることが分かり、最終堆積物の中からは弥生時代中期の土器が見つかりました。2区は北西部で炭化物と弥生土器を含む落ち込みが見つかりました。

1区全景(西から)

2区西端(東から)

SK50検出状況(北西から)

このページの上に戻る

Copyright(c) 2015 Hyogo Construction Technology Center for Regional Development All rights reserved